安全性の高いペニス増強剤の成分

ペニス増強剤を選ぶときには安全性を十分確認することが大事です。
ポイントになるのは多くの薬剤でも廃業されていて効果にも十分定評を得ていることです。
そこで安全性と効果も確認されている代表的な成分とその特徴を御紹介します。
ペニス増強剤で代表的な成分はシトルリンとアルギニンです。
ペニスで勃起機能が発揮されるには一酸化窒素が必要量、海綿体とその周辺に供給されることが必要です。
一酸化窒素は血管拡張作用をもっているので、血液供給量を増加させます。
シトルリンはたんぱく質の一種なので食物から摂取することが出来、体内で代謝されてアルギニンに変化されます。
アルギニンには一酸化窒素を合成する作用をもっているので、ペニス周辺への血液供給を十分に維持し、増強効果を発揮します。
食事にも含まれているので、体調を維持する上では増強剤などで別途摂取する必要性は高くはありません。
しかし増強剤で集中的に摂取することでペニスの細胞を活性化しサイズも大きくすることが期待できるわけです。
アルギニンは特に成長期にる子供にも必要性が高いアミノ酸の一種と認識されていることからもわかるように、細胞の活性を高める上では非常に重要な役割を演じています。

コメントする